消費者金融系と銀行系のカードローンはどう違う?

消費者金融系と銀行系のカードローン

消費者金融系と銀行系のカードローンの大きく違う点は、「総量規制」にあります。

総量規制とは、2010年に施行された年収の3分の1以上は融資が制限される法律のことです。

消費者金融系のカードローンの場合、この法律が適用されるため、収入によって借入可能額に差が生まれます。

銀行系の場合は対象外となるため、収入による借入額の差はなく、融資限度額も高めに設定されていますが、実際の借入には安定した収入や収入ゼロの場合は配偶者の同意が必要であることがほとんどですので、誰でも借りられるというわけではありません。

※審査基準は会社によって異なります。

また、金利の面でも銀行系は最高金利が低めに設定されていたり、大手銀行系が運営しているという安心感もあり、審査基準がやや高い印象があります。

いずれにしても一長一短はあるので、借りたい額が年収の3分の1以上ではない場合、消費者金融系でも銀行系でもどちらで借りた方が良いということはありません。

しっかりと返済プランを考えた上であれば問題なく利用することができます。

初めての方は、サポート内容や無利息サービス、近くに都合のよいATMやCDがある、など、ご自身にとってメリットが大きいカードローンを選びましょう。